うれしいご感想^^、など。

こんにちは!

犬の食事療法インストラクター師範、necco舎のはなこ です。



先日(2月8日)の『わんごはん入門講座』。

ご受講下さった方がブログに感想を綴って下さいました^^



コチラ → 『アゴーのCafe俺』



お伝えしたいところをきっちり受け取っていただいて

ありがとうございました^^




講座でもお話しているのですが

これでバッチリ!というごはんじゃなくてもいいんです。




おさえておくポイントを知ることで

何が足りないの?ということがわかるから、


たとえば、

ドライフードベースのごはんだって

必要なものを補うことができるようになります。



そしてそれは全部、人間に応用できること。


…というか、

人間と全く変わるところがありません。


犬ごはんの勉強だけど、

自分や人間の家族の健康管理に使うことができます。




最初は

”今よりもちょっといいごはん”を

目指す感じがいいかもしれません。


弾みが付けば、

ごくごく自然に、さらにいいごはんグレードアップできるはずです。





この本。


去年の春ごろ買って読み始めました。


中断して、

なんとなくうやむやにしたままだったのですが




この間ネットでシェアされてきた記事で見つけて


「あ、そういえば」と、

もう一度最初から読み始めました。





1970年代の中国で、

首相・周恩来がガンを罹患したことをきっかけに

国を挙げて行った大規模な食生活の調査。



それによると

中国のある地域に多発しているガンが

別の地域ではほとんどない…など

地域の食生活がガン発生の部位に深く関わっていることを示唆していたそうで。


その調査をもとにして

中国の予防医学研究所とアメリカのコーネル大、スタンフォード大が

協力して行った共同研究の成果がまとめられています。



ごはんについての考察は

いろいろなところで

いろいろな研究がなされていて


必ずしもどれが正しくて、どれが間違っているとは言えません。



受け取りたい情報を受け取るしかないんだけれど。



でも、食べるものが

健康の大きなカギを握っているということは

やっぱり確かなことだろう、という風に思います。



これを自分に重ねて実践するのはなかなか難しいけれども、


人間が与えたものを食べるしかない犬たちのことは

やっぱり私たち人間が考えてあげたいですよね。




~「わんごはん入門講座」を開催します~


日時:3月7日(土)10:00~13:00

場所:東京メトロ・茅場町駅、日本橋駅より徒歩数分の会場にて

(詳細はお申込み時に個別にお知らせいたします)

(受講料¥5,000<税・テキスト代込み>)



もっと踏み込んだ内容の

『犬の食事療法インストラクター講座』も開催しています。


こちらは

「もっと、”不調をケアする”という部分を勉強したい」

という方向けの内容で

次の『犬の食事療法インストラクター師範講座』に次ぐボリュームです。


また、『犬の食事療法インストラクター師範講座』を受講する際は、

 満額近い割引が適用されます。


入門講座を受講していなくても、OK。


リクエストがあれば開催を検討いたしますので

ご興味のある方はお問い合わせください。


また、ご自宅での開催もご相談可能です。

『わんごはん入門講座』は4名様以上、

『犬の食事療法インストラクター講座』は2名様以上で申し受けますので、

お気軽にお声がけください。


お問い合わせ・お申込みは hapnapmm@gmail.com まで




0コメント

  • 1000 / 1000

~ごはんのちから しぜんのくすり~ necco舎 Natural Care For Dogs

犬の手作りごはんと自然療法の情報を発信するページです。