すばらしき『ドラえもん』の世界

こんにちは!

necco舎の はなこ です。



今日はオンラインで『わんごはん入門講座』でした^^


遠くから私の講座を見つけて下さり

お問い合わせ下さった飼い主さんです。



実際に会うのは難しい距離でも

こうして繋がれるっていうのは嬉しいこと。



ちょっと前まで

「オンラインでできるかなぁ」とも思ったし

「回線も不安定だし…」という不安もあって

あまり前向きにはなれなかったのですが


実はすごくいいものだなぁと実感しています。



近くたって、

何時間も家を空けられないという

シニア犬のご家族だっていらっしゃるはずだしね。



今日もいっぱいしゃべりました(笑)

Tちゃんのママ、お付き合い下さりありがとうございました♪





何度も言うのですが

私が「出会ってよかった」と思える食事療法だからこそ

お伝えするのはとっても嬉しい。



でも、

ごはんに対する考え方はいろいろあって

どれがウチの子に合うのか、どんなものならば自分が納得できるのか


そしてなにより、

どんなものを自分が求めているのか、は


やっぱりそれぞれ違うと思うのです。




だからこそ、受講して下さる人たちが、

自分自身で”最良”を見つけられるように

ヒントになるようなことをたくさんお伝えしたい。



まずはこの『わんごはん入門講座』を(他の講座も)

犬ごはんに迷ったときの

選択肢の一つとして受け取っていただけたらいいな、


そして

「だから私はこういう風にやっていく」というベースになったらいいな、

と思いながらやっています。





森先生監修のこの『わんごはん入門講座』では

サラっとだけれども

「犬たちの身体がどんな風になっているのか」という、


生理学的なお話をします。



犬の生理学とは言っても、

同じ哺乳類である人間と、ほとんど同じ。

だからこの食事療法は、人間にも全く同じように使えます。




森先生の食事療法に限らず、


どんな食事療法でも、

ある程度体の中の事を知っていたほうが

「だからこんなごはんがいいのか~」ということを

納得しやすいと思うし、


「これでいいのかな」って迷うことが少なくなるように思います。

(とはいえ、もちろん迷うことはあるのですが~^^;)




が、体の中はそれなりにフクザツで、

簡単には理解できない。



私も、「体の中の事を知ることが大事!」とは思ったものの

最初はなかなか頭に入ってきませんでした。



そんな時に参考にしたのが、この漫画。



学習まんが

ドラえもんからだシリーズ 『食べ物の消化』です^^



子どもの漫画と侮るなかれ!


この本、

高校の生物過程程度の内容はカバーしているものだそう。





子どもの頃、『ドラえもん』が大好きで

夢中で漫画を読みました。



私が『ドラえもん』を通して知った科学の知識って

実はたくさんあります。


ネス湖のネッシーのこととか

ガラスが何でできているか、とか

大昔の地球はどうだった、とか

深海にどういう生物がいて、そこはどんな世界なのか、とか。



ドラえもんが説明してくれるから

頭に入ってきやすかったんですよね。



難しい体の中のしくみも

こうしてドラえもんが教えてくれると

文字だけで読むよりもずっと頭に入ります(笑)



*同じようなことを、

 むか~し、ブログに書いていたのを思い出したので

 ご興味のある方は読んでみてください。(大した記事じゃありません^^;)

⇒ 「すばらしき『ドラえもん』の世界」*




既に犬ごはんの勉強をしている人にも

これから「勉強してみようかな」と思っている人にも


単に消化吸収のしくみに興味がある人にも^^


おススメですよ♪















0コメント

  • 1000 / 1000

~ごはんのちから しぜんのくすり~ necco舎 Natural Care For Dogs

犬の手作りごはんと自然療法の情報を発信するページです。