ごはんの可能性。

こんにちは!


necco舎の はなこ です^^



昨日は『わんごはん入門講座』でした。




会場に少し早くついて、

「まだ、入るの早いかなぁー」って思っていた時に

目に入ってきた白い花。


紫陽花?アナベル?


見とれることしばし。




梅雨の晴れ間は

空の青がまぶしくて

しかも、空気はカラリとしていて



こんなお散歩日和の休日に

わざわざ足を運んでいただくんだから


「持ってるものは惜しみなく!」


という気持ちに拍車がかかります。



…というわけで、やっぱりしゃべり過ぎた^^;




昨日は少人数での開催で、参加者は4名。


直前に、

残念ながら愛犬の体調不良でキャンセル、

という方がいらした代わりに

急遽遠方から(なんと愛知県!)聴講に来てくださった仲間がいて


こじんまり、だからこその和やかな3時間^^




昨日は

既に手作りごはんを続けているという方が多かったのですが、



続けているからこその疑問や不安は

やっぱりどうしても生まれてきます。


「自分のごはん、これで大丈夫?」という再確認の場として

選んでいただいたのも嬉しかった♪




基本をしっかり押さえた犬ごはんは、

健康維持に役立つのはもちろん


いまある不調と向き合っていくために、

かなり大きな仕事をしてくれると思います。




東洋医学と西洋医学、

多分、見ているところが全然違うから



西洋医学では

「う~ん、なんだかなかなか良くならない」というような不調も



視点を変えるだけで

あっさり快方に向かうというようなことがあります。




もちろん、食事だけで全部の不調が速やかに解決…とは限りません。


でも、かなり大きな援軍になるのは

自分自身の経験から実感しています。




ドライフードがダメ、じゃないんです。



ドライだけでは足りないものを補ってあげるだけで

ごはんはすごーく充実するし、


何より犬たちがごはんを待つ目が違うから

それがいちばん嬉しいかも^^



身体の栄養だけじゃなく

心にも栄養。




手作りのごはんにはいろんな不安が付きものかもしれません。


でも一歩踏み出すと

「な~んだ!」って思えるに違いないということは、私が保証します。



早速、昨日ご参加下さった方から、

「ごはん作りに自信がつきました!」

という感想を頂きました。


嬉しい限り!



まだまだ

「手作りごはん?? 犬に?」という雰囲気も

なきにしも非ずな犬ごはん周辺。



受講して下さった皆さんが、それぞれの場所で


「手作りっていいよ!」っていう風を吹かせてくれますように。

そしてそれが周りに波及していきますように。



漏れなく

人間も一緒に健康になれるオマケがついてきますよ(笑)





0コメント

  • 1000 / 1000

~ごはんのちから しぜんのくすり~ necco舎 Natural Care For Dogs

犬の手作りごはんと自然療法の情報を発信するページです。