ばんの尿漏れと、その周辺。

こんにちは!

necco舎の はなこ です。



今年の冬はどうなってるのでしょうか?

暖かいのはいいけれど、

ちょっと調子が狂ってしまいます(笑)




面倒くさがりの私は、手袋はほとんどしません。


それでも毎年今の時期くらいは

「手袋してくればよかったなぁ~」と思ったりするものなのですが

今年はそれが皆無。




今夜くらいから寒くなるようですが

ホントかなぁー。


やっぱり冬は冬らしく、シャキッと冷たい空気が必要ですよね。





さて、突然ですがウチのばんくん。


ちょうど1年前の今ごろから数か月、尿漏れがありました。

(現在はなくなっています)



その時がはじめてじゃなく、

実は3度目の尿漏れです。




①最初の尿漏れは我が家に来た直後(8年前)。

ばんは成犬になってから我が家に来た保護犬です。
なので本当の年令はわからず。



現在、もうすぐ推定10歳…というところですが、
ホントはもう少し上だろうと感じています。



起きているときは漏れないのですが

うとうとお昼寝をしているときや、朝方に

ポタポタと垂れるように漏れちゃうのです。




彼を千葉県内の動物愛護センターに迎えに行ったのは

2012年2月29日で

その翌々日に都内の病院で去勢手術を受けました。



最初は、

大人になってからの去勢手術だし

急に精巣がなくなっちゃったので


ホルモンのバランスが崩れたのかな?とか

急な環境の変化で精神的に不安定なのかも?とか


ぼんやり頭をよぎったものの、

あまり深くは考えず。



漏れる量がほんの少量だったこともあり


こまめにトイレに連れて行ったり

寝床にトイレシーツを敷いたりすることで

なんとなく済んでいたし


多分、1か月?あるいはもっと短い期間?で

いつのまにか尿漏れはすっかりなくなってしまったので

そんなことがあったことはすっかり忘れていました。


その後尿漏れを意識するような状況が全くなかったこともあり

もう忘却の彼方だったのですけれども。



そしたら

最初の尿漏れからだいぶ月日の経った2017年の9月頃

(最初の尿漏れから約5年半後)



②また少量ポタポタ垂れる感じの尿漏れが始まりました。


トイレが近くなるとか、尿が濁るとか

そういう変化は何もなし。




そのときは


「ほんとは考えているよりもっと年上かもしれないし

 加齢による筋力のゆるみとか、そういうものなのかも?」



と考えて


マナーベルトを使ってみたり、

寝床にトイレシーツを敷いたりして

尿漏れとうまく付き合っていく、なんとはなしの覚悟を決めました。


加齢が原因ならば、ある程度は仕方ないものね。



で、2度目の尿漏れが始まって2か月くらい経ったある日の深夜のこと、

ばんが「トイレに行きたい」と言うのです。



しょーがないな、とお散歩に連れて行くも

(彼は頑なに排泄は外派です><)


帰宅すると落ち着きなく廊下を走りまわったりして、

またまた「外に連れてって」とアピール 


で、また散歩に連れて行く…というのを

夫と交代で2~3度繰り返し。



そのうち明らかに目が血走ってきて

アピールがだんだん尋常じゃなくなってきたので


「これは朝まで我慢させるのは可哀そう過ぎる」と感じて

(私たちも寝られないし^^;)


夜間救急を受診することにしました。



エコーの結果、やっぱり~という感じで膀胱炎。


しかも驚いたのは、先生がおっしゃった

「膀胱炎は間違いないけど、膀胱の状態から見ると昨日今日の炎症じゃなさそう」

という言葉。


膀胱壁が厚く肥厚していて、

かなり長い間、軽い炎症状態が継続していたのではないか、と言うのです。



それで、

「5年前の尿漏れも、ここ数か月の間に再発・続いている尿漏れも

 もしかしたら膀胱炎の症状だったのかも」と思い当たって


単なる老化としか考えなかった自分を責めたのでした。




翌日掛かりつけを受診して昨夜からの経緯を説明。


抗生剤を処方していただき、

たくさんお水を飲んでたくさんオシッコを出す…というセオリー通りの治療で


ばんの膀胱炎はよくなりました。



…と同時に、

数か月続いたばんの尿漏れもすっかりなくなったのです。




あー、よかった!




だって

ばんが気にしてペロペロ舐めるので

オチンチンの周りが赤くなったりしてたし



量が多くない、ポタっと垂れる系の尿漏れは

いつどこにオシッコのしずくが落ちるか予測がつかないので(笑)

なかなか厄介なのですよ。




③ところが昨年2月に尿漏れ再再発。

(膀胱炎の治癒から1年ちょっと)



当然最初は「また膀胱炎では?」ということが心配だったし

もしかしたら腎機能も落ちてる?ということが気になって

病院へ行きました。



そしたら、

尿検査の結果は「膀胱炎ではない」とのこと。


次の懸念だった腎臓についても

血液検査の数値的には「まったく問題ない」という結果に。




では尿漏れはなんでだろ?




ばんの膀胱壁は肥厚していて柔軟性がなくなっているはずなので

膀胱が充分には膨らまないことで

溜められる容量が少なくなっているのかもしれません。



身体を触ってみると、下半身は冷えています。

プラス腎臓周りに明らかな反応がある。



症状や血液検査の結果には出てこないものの

腎機能もそれなりに弱くなってきているのだと思いました。


きっと原因は複合的なもので、一つではないんです。




特段の症状もなく、血検の結果も問題がなければ

病院でしていただくことは何もありません。


あとは家でどうケアしていくか?ということ。



…ということで

あまりに長くなったので続きは次回に!





~「わんごはん入門講座」を開催します~


日時:2月8日(土)10:00~13:00

場所:東京メトロ・茅場町駅、日本橋駅より徒歩数分の会場にて

(詳細はお申込み時に個別にお知らせいたします)

(受講料¥5,000<税・テキスト代込み>)



<こんな方におススメです!>

・わんちゃんの健康に不安がある方

・手作りごはんをはじめたいけど不安な方

・ドライフードのトッピングからはじめたい方

・手作りごはんを作っているけれど「これでいいの?」と心配な方

・犬に必要な栄養や身体のしくみなど、ベースとなる考え方を学びたい方

犬の食事に関して押さえておくべきポイントを

具体的にお伝えする講座になっています。

 

基本を学べば

自信をもって我が子のごはんを用意できるようになりますよ♪



お問い合わせ・お申込みは hapnapmm@gmail.com まで

























0コメント

  • 1000 / 1000

~ごはんのちから しぜんのくすり~ necco舎 Natural Care For Dogs

犬の手作りごはんと自然療法の情報を発信するページです。