ショウガさまさま。

こんにちは!

necco舎の はなこ です。


やっと寒くなって冬らしくなってきました。


キンと冴えた冷たい空気は気持ちがよくて大好きなのですが

やっぱり気温がどんどん下がってくると

人間も犬たちも、気になってくるのは血流です。


プラス、空気中の水分はどんどんなくなって

乾燥が押し寄せてくる季節でもありますよねー。



漢方の世界では、

冬は腎を養生する季節とされています。


冬に腎ケアが必要なのは

腎臓の働きも、血流量と血行が大きく関わっているからです。


腎臓は尿の濃さや量を調節して

身体の中の水分を一定に保とうと頑張ってくれているのですが


身体の中の水分が足りなくなってくると、

当然血流量は低下するし、尿は少なく濃くなって

尿の中に排出される不要物の濃度が上がってしまう結果につながります。



そんなわけで、

腎の不調を招きやすい冬は、

人間も犬も、特に水分補給と血行促進が肝心です。



血行促進効果が期待出来てお勧めなのが

「サーモ生姜」。


何年か前にたまたまネットで見て

その年はせっせと作っていたのですが

(そのときは犬のことは考えていませんでした^^;)

翌年以降はすっかり忘却の彼方><


最近、やっぱりネットで

知らない人がつぶやいていたのを見て「ハッ!」と思い出して

久しぶりに登場したのです^^



作り方は簡単!

ショウガを皮ごとすりおろし、水を加えて煮詰めるだけ。


わかりやすい作り方はこちらのページにあります。 → 



このページではおろし生姜と同量の水で作っていますが

私はお水を3倍量くらい入れて、

さらに途中で差し水もしながら煮詰めています。




ちょっと長くなりますが、その理由は…。


ショウガには「ジンゲロール」という成分が含まれています。


ジンゲロールは体を温めてくれる成分なのですが

加熱することで「ショウガオール」という

別の成分に変化します。



ショウガオールもジンゲロールと同様、

身体を温めてくれる成分ではあるのですが


二つには違う働きが。



ジンゲロールは体の末端や表面の血管を広げて

発汗を促す作用があるのに対して


ショウガオールは体の深部に血流を集めて温めてくれるのだそうです。



末端や表面に血液を運んでくれるのは

とてもありがたいことではあるんだけれど

表面近くの血管が広がって面積が大きくなることで発汗を促すので

逆に体を冷やすことにつながってしまうこともあります。


だからショウガオールの働きで、深部の血流を改善してもらえれば

身体は芯からあたたまるということ。



で、1年くらい前、たまたまテレビを見ていたら

(たしか「ためしてガッテン」^^)

ちょうど生姜パワーのことを取り上げていました。


ガッテン様(おそらく)によれば、

ショウガは長時間加熱することで、

10分程度煮たものよりも

さらにマシマシのショウガオールがつくられる、と。



同じ生姜由来の漢方生薬でも

ショウキョウ(生姜・生のショウガを乾燥させたもの)と

カンキョウ(乾姜・生のショウガを高温で蒸して、さらに乾燥させたもの)と

あるのですが


ショウキョウよりもカンキョウの方が

温め効果が大きいと言われています。


それは多分、

カンキョウの方が高熱処理してしている分

ショウガオールが豊富だからなのだろうと思います。



ご紹介したサイトでは7~8分煮詰める…と書いてあるのですが

私は、長時間(30分以上)焦げないように加熱するために

差し水もしながら作っています。



ジンゲロールは末端の血流改善とともに殺菌効果も期待できるので

どちらがいいということではありません。


両方摂れれば、それに越したことはありませんよね。



生の生姜と水だけで調味料の類は全然使わないので

犬たちのごはんにも遠慮なく使えるのがありがたいところ。


人間も、紅茶や甘酒にいれたり、

ごはんのときにお味噌汁にいれたり、

お好みでいろんなものにトッピングできて、すっごく便利ですよ!



最近

「ふくらはぎが血流改善の要!」

というプチ情報をテレビで小耳にはさんでから(笑)

毎日かかとを上げてはドスンと落とす…という

運動ともいえない運動を繰り返しています。


効果があると信じたい~!

血流、大事にしないとね。

0コメント

  • 1000 / 1000

~ごはんのちから しぜんのくすり~ necco舎 Natural Care For Dogs

犬の手作りごはんと自然療法の情報を発信するページです。