身体のソコヂカラを上げる!

こんにちは!


necco舎の はなこ です。


コロナウィルスの感染拡大が止まりません。


今日、明日にも緊急事態宣言があるという噂ですが

もっと早く出すべきだったのでは?とも思います。




先週末は

『犬の食事療法インストラクター講座』を予定していましたが

講座は中止といたしました。


参加者の皆さんには

中止のお知らせに快く応じて下さったばかりでなく


「残念です><」

「次回の開催を楽しみにしています。」

と言っていただいて、心から感謝する一方、



お伝えしたいこと、お伝えできることがたくさんあったのに!!

キーッ!!!


…という感じもあります^^;





でもでも。


コロナ騒ぎでくさくさしたり

不安いっぱいの暗い気持ちで毎日を過ごすことになったら

テキの思うつぼ!


免疫力がダダ下がりして、

感染の危険もアップしてしまうかもしれません><



巷でも免疫力、免疫力と

普段よりもずっと「免疫力」が話題になっているし


こんな時こそ、モノを言うのは

やっぱり免疫力なんだと思います。



…というわけで

今さら当たり前のようなことではありますが


改めて「免疫力」のおはなしを。



免疫について勉強し始めると

面白いこと、驚くようなことがたくさんあるのですが

ここではざっくり簡単にお話します。

(今日のおはなしは、犬も人間も共通ですよ!)





免疫力が上がる、免疫力が活性化する

…というのはどういうことかといえば


免疫細胞の数が増えることと、

それぞれの免疫細胞が元気よく働くということだと思います。




免疫細胞が、

細菌やウィルス、その他、外から侵入する様々な外敵と

戦ってくれているので


その免疫細胞が活躍しやすくする環境を整えるということが大事

…ということですね^^




免疫細胞は動物の血液の中で働いてくれています。


だから

血流が悪くなってしまえば、

免疫力は低下することになります。


血流は、もちろん体温と密接に関係していて

体温が下がれば血流も下がるし

体温が上がれば血流は上がります。



つまり、まずは

①体を冷やさないようにすること が


免疫力を上げる近道になるということです。



体温を作ってくれているのは主に筋肉と脳と腸なので

運動が大事なことはもちろん


散歩で外の空気や景色に触れて

五感を刺激することも大事なんです。


こんな時だから散歩は憚られる…というご意見もあるかと思いますが


一人で、あるいは家族単位で

犬友との立ち話なんかも極力避けるなどして


必要な運動はすることを心がけたいですよね。


お散歩で陽に当たれば

免疫に深く関わるというビタミンDの合成も促されるしね♪




運動することが難しければ(あるいは運動したうえで)

お風呂とか、温灸とか

極力温かいものを飲むとかして

物理的に身体を温める努力をすることも有効だと思います。



もう一つは

②発酵食品を食べること です。


胃酸で死んでしまう菌ももちろんいますが

死菌も腸内細菌の餌になってくれるので

無駄にはなりません。



腸内で生きている微生物は

自分が生き延びるために

外からの侵入者を攻撃して殺そうとするそうなのですが


それは宿主(動物)を守ってくれることに繋がります。



つまり腸内でいろんな種類の細菌を育てて

常に腸内でスタンバイしておいてもらえば

免疫力が上がる、ということ。


更に腸内細菌が活発に働くことで

腸でも熱を作ってくれる=体温を上げてくれるのです。




腸は粘膜免疫の親分。


粘膜免疫は、身体の外から入ってくる敵を

最初に迎え撃ってくれる、いわば前衛ですから

大事にしておくに越したことはありません。


発酵博士と呼ばれる東京農大の名誉教授・小泉武夫先生は

免疫には体の中で自らが作り出すものと

外から食べ物で摂取するものの両方があってこそ


とおっしゃっています。



小泉先生の「発酵食品情報サイト」

面白くてためになる情報がいっぱいなので

おススメですよ♪



日本人が昔からよく食べている糠漬けはもちろん、

納豆や甘酒、梅干し、お酢も立派な発酵食品。


手軽に摂れるものばかりだから

ぜひ積極的に食べたり飲んだりしたいもの。


犬のごはんにももちろん使えます。





最後に、これもとっても大事なのは

③なるべく心穏やかに過ごすこと です。


動物の自律神経(体の機能維持に必要な神経)には

交感神経と副交感神経がありますが


忙しかったり興奮したりすると

交感神経が優位になって


血管が収縮する=血流を障害します。



血流が悪くなるということは

血液の中の免疫細胞が活躍できなくなるということですから

ストレスは大敵ですよね。



私は最近ストレスいっぱい><


日々、

「これじゃあ免疫力が下がっちゃうよ~」と思いながら暮らしているので

それがさらに免疫力を下げているかも(涙)



そして

そんなストレスフルな飼い主を見ていたら

犬たちの免疫力もきっと下がっちゃう。



彼らは人間のことをすごくよく見ているので

ナーバスな気分も敏感に受け取っちゃうんですよね。




これじゃあイカン、ということで

なるべく嫌なことは忘れて

極力「なんとかなるさ」という気持ちで過ごすように

意識しています。




寝るときに心が落ち着くような音楽をかけるとか

子どもの頃読んだ、心温まる児童文学を再読するとか

DVDでオモシロ可笑しい映画を見るとか


そんなことを心がけたり



思いついたときに

どこかで小耳に挟んだ「身体にイイモノ」を

食べたり飲んだりとかして


「お~、これは体に絶対いいぞ~♪」などと自己満足して

気分をあげてます。



プラセボ効果だとしても、

メンタルにはプラスになっているはずさ!





0コメント

  • 1000 / 1000

~ごはんのちから しぜんのくすり~ necco舎 Natural Care For Dogs

犬の手作りごはんと自然療法の情報を発信するページです。